本文へスキップ

USAのESTAについてのご案内です。アメリカに行かれる方、アメリカで乗継される方は必見です。

電話でのお問い合わせは03-5639-3603

メールでのお問い合わせはこちら

電子渡航認証システムとはAbout ESTA

以前は日本のパスポートをお持ちの場合ビザは不要でしたが、テロなどの対策の影響で、アメリカへの入国が近年厳しくなりつつあり、現在は用途にあったビザをお取りいただくか、短期の商用や観光の場合は電子渡航認証ESTAの登録が必要になっております。ビザ免除プログラムは世界情勢により、条件の変更などが度々行われております。有効期限のあるESTAをお持ちの場合でも、条件が変更することにより入国ができなくなる場合がございます。アメリカに行かれる前には新しい条件に当てはまっていないかどうか確認される事をお勧めしております。
(以下引用:アメリカ大使館)
ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されています。短期商用、観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受ける必要がございます。通常一度認証を受けると米国への複数回の渡航が可能で、2年間有効です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますので御注意ください。また、パスポートを新規に取得した、渡航者が名前を変更した、渡航者が性別を変更した、 渡航者の国籍が変更した、ESTA申請質問で渡航者が過去に回答した内容(はい、いいえ)が変更した場合も再申請が必要です。ESTA申請は旅行前ならいつでも可能ですが、旅行計画が立てられ次第または航空券を購入する前に申請することをお勧めします。

ESTA取得対象者

  • Visa Waiver Program対象国の市民または資格のある国民であること。
  • 現在訪問者ビザを保有していないこと。
  • 渡航期間が90日以下であること。
  • 米国への渡航目的が商用または観光であること。

通常のESTA登録は

2010年9月8日からビザ免除対象国の渡航者は、ビザ免除プログラム参加国(VWP)の対象となり、アメリカに行かれる前までにESTAの登録しなければ入国できなくなりました。ご自身で専用のページから登録されクレジットやデビットカードで支払われた場合は14ドルのお支払いとなります。

ビザ免除プログラム参加国(VWP)の対象国

下記が現在のビザ免除プログラム参加国(VWP)になります。
アンドラ、アイスランド、 ノルウェイ、オーストラリア、アイルランド、 ポルトガル、 オーストリア、イタリア、サンマリノ ベルギー、日本、シンガポール、ブルネイ、リヒテンシュタイン、スロベニア デンマーク、ルクセンブルグ、スペイン、フィンランド、モナコ、スウェーデン、フランス、オランダ、スイス、ドイツ、ニュージーランド、英国、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、韓国、スロバキア、マルタ、ギリシャ、チリ
下記が現在のビザ免除プログラム参加国(VWP)になります。 ESTAの特徴

ESTAの特徴

@通常一度認証を受けると米国への複数回の渡航が可能で、2年間有効です。
AすでにESTA認証を受けた渡航者は必須項目以外の情報更新の際にはESTA費用を支払う必要はありません。
B2年以内にパスポートの有効期限が切れる場合、または新たにパスポートを取得した場合は、ESTAが無効になりますのでご注意ください。
C
EATAをお使いいたいての渡米目的は
★ 商用の場合、取引先との会合、科学、教育、専門、ビジネス分野の会議への参加、財産の処理、契約交渉になります。
★観光・旅行のケースでは、休暇、娯楽、友人や親族の訪問、休養、治療、同窓会や社交、奉仕活動や、報酬を伴わない音楽やスポーツなどイベント或いはコンテストのアマチュア参加 。
★通過の場合、アメリカ以外の第3国に行くために途中でアメリカを通過する場合もESTAの登録は必要です。

ESTA登録や利用が出来ない方

@2016年1月21日の改定で入国できなくなった方。
※ビザ免除プログラム参加国の国籍で、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダンまたはシリアに渡航または滞在したことがある
※ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者
A2016年2月18日に、2011年3月1日以降に該当国へ渡航歴がある旅行者に対するビザ免除プログラム渡航制限で、更にリビア、ソマリア、イエメンの3ヶ国に渡航歴がある旅行者は、渡米前に米国ビザを取得する必要があります。

ESTAの再登録が必要な場合

@ビザ免除プログラム参加国の国籍と新しいパスポートが発行された場合、
A名前を変更した場合(下の名前および/または姓)
B性別を変更した場合(ESTAは今のところ、申請時に性別を選択する方式を採っていません。渡航者が最も自然だと感じるいずれかを選択するよう推奨されています。ESTAでは、単に申請時の選択性別が原因で認証を拒否することはありません。)
C国籍を変更した場合
D状況に変化が生じた場合、例:不道徳な行為による犯罪で有罪宣告を受けた、あるいは伝染性疾患を発症した場合。このような状況変化が生じた場合は、渡米のためにはビザの取得が必要な場合があります。この場合再申請は必須で、申請時には状況変化を反映した申告が求められます。あるいは米国到着時に入国を拒否される可能性があります。
E2016年4月1日より、ビザ免除プログラムでの渡航者はEパスポート(IC旅券)の所持が必要になります。この規定は、すでに有効な電子渡航認証(ESTA)を取得している渡航者にも該当します。 全ての渡航者はビザ免除プログラムで渡米される前に所持しているパスポートがEパスポートであるか確認することを、強く推奨します。Eパスポートを所持していない渡航者は、米国大使館・領事館から発給された有効な非移民ビザを使用して渡米することが可能です。これに該当する渡航者は、渡米前に、米国大使館または領事館でビザ面接を受け、ビザを取得する必要があります。
商品イメージ4商品イメージ5

ESTA登録後について

ESTAは登録が完了しますと、取得に可非についての回答がほとんどの場合は直ぐ出てきます。その場合の表示は3つに別れます。
@渡航認証許可;ESTAが承認されたので、ビザ免除プログラムを利用してアメリカ行きが可能になります。
申請番号と有効期限が表示されていますので保管して下さい。訂正などの場合に必要になります。出入国時には提出は不要です。
A渡航認証保留;ESTAは審査中という意味で、時間を空けて再度ESTAサイトにアクセスして申請状況が必要になります。
通常、この場合でも回答は申請後72時間以内にご確認できます。
B渡航認証拒否;ESTAは承認されなかったの意味で、この場合はお近くの大使館・領事館でビザの申請が必要となります。ご希望される渡米日の少なくとも3カ月前に非移民ビザの申請を行ってください。緊急に渡米する必要が無い方は、ビザ申請料金を支払い、
ceac.state.gov/genniv/でDS160オンライン申請書を作成し、面接予約をしてください。緊急に渡米する必要がある場合、緊急面接予約を申し込むことができます。緊急面接予約を申し込む際は、渡航予定日、渡航目的、リクエスト理由、そして税関・国境取締局(CBP)からのESTA渡航認証の状況に関する通知(受取った場合のみ)を提出するようにしてください。
ご注意: ESTA申請後の状況確認や、ESTA拒否の理由、または原因の詳細については大使館や領事館は教えてくれません。事前に余裕を持って申請を行って下さい。ESTAに関する一般的な質問に付きましては、CBPのページをご参照ください。https://help.cbp.gov をご覧ください。その中の{ASK A QUESTION}をクリックしてただいた後に、キーワードを「ESTA」と入力していただきますとESTAに関します「よくある質問」をご覧いただけます。また、このページでは審査状況確認も可能です。個別ごとのご質問も可能ですが、個々の質問に関しましては英文のみでの対応となりまして、CBPからメールで回答が送られてきます。

ESTA本人登録と代行登録について

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。また、2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム渡航者は、ESTA申請時には14ドルの申請料金が発生するようになりました。
■個人登録の場合;ESTAはご本人様で直接ご登録される場合、ESTA申請公式サイト: https://esta.cbp.dhs.gov/esta/から日本語の質問欄にローマ字でご登録いただきます。14ドルの申請料金はクレジットカード(マスターカード、ビザ、アメリカンエキスプレス、ディスカバー (JCB、ダイナースクラブ)またはペイパルでの支払いが必要です。
●代行登録の場合;当社での代行登録の場合、日本語フォームに日本語でお答えいただき、¥3,400−(実費14ドルを含む)を現金でお振込や郵送で着金いただくか、ご来社でお支払いいただきますとお答えいただいた内容をローマ字に直し登録させていただきます。その際、不備がございましたら、こちらで修正し登録させていただきます。
※ご注意点(どちらのケースにおきましても)
@必ず申請が通るというものではございません。申請で却下された場合、14ドルは戻ってきません。当社はお預かりいたしました¥3,400-から実費14ドルと1部手数料を差引いた¥1,500-をご返却させていただきます。
A却下された場合、理由か開示されません。その場合は最寄りのアメリカ大使館や領事館でビザを取得する必要がございます。この為、アメリカ大使館では航空券などを購入される前にESTAを登録することをお勧めしております。

タイプ別代行お申込フォーム

専用のメールフォームやFAX・郵送で日本語でお申込みいただけるESTA登録代行サービスです。いずれの申込み方法でも格安価格の¥3,400-(実費14ドル込み)でESTAの登録が可能です。お申込フォームは4タイプに別れます。@メールフォームのみでのお申込み、Aメールフォームとパスポートのコピーでお申込み、BFAX・郵送兼用フォームでお申込み、CFAX・郵送兼用フォームとパスポートコピーでお申込み。お好みに合ったお申込フォームをご利用下さい。
商品イメージ
商品イメージ
商品イメージ
商品イメージ

その他のアメリカ知っ得豆知識情報

アメリカビザのタイプ アメリカの一般情報 アメリカの歴史 アメリカの気候 アメリカの地理