本文へスキップ

アメリカビザの気候簡単まとめ・アメリカ豆知識3

電話でのお問い合わせは03-5639-3603

メールでのお問い合わせはこちら

アメリカの気候 AMERICA'S CLIMATE

アメリカの気候の特徴について

アメリカの気候について
アメリカ本土の気候は国が広大なため地域によって大きく異なります。基本的には南へ行けば行くほど暖かく、北へ行けば行くほど寒くなります。国の中央部を含むほとんどの地域は乾燥した温暖な気候になっています。行かれるエリアによって観光シーズンや服装も違ってきます。行き先が決まりましたら気候を確認してからお荷物をご用意ください。

アメリカの気候・簡単豆知識

★★★西海岸北部★★★
シアトルやポートランドが太平洋岸北部の主要都市で、緯度は北海道の札幌市よりも更に北に位置します。しかし、札幌ほどは寒くなりません。秋から春にかけては天候が安定せず雨や曇りが続きます。夏は北方からくる海流の影響で涼しく気候が安定していて過ごしやすいので旅行に適しています。
●シアトル
アメリカの西海岸北部に位置するシアトル。最高気温は約24度、最低気温は約2度、
年間を通して平均気温は約11度で、 穏やかな海洋性気候に属します。
夏場に乾燥し、冬には多くの雨が降ります。降水量は霧雨や小雨が多く年間のそれほどではありません。
夏でもぐっと気温が下がるので上着は年間を通じ必要です。

★★★西海岸南部★★★
カリフォルニア州の太平洋に近いエリアは温暖な気候が特徴、主な主要都市はロスアンゼルス、サンフランシスコになります。1、2月はこのエリアとしては雨が多い方ですが、1年を通じて大雨が降ることは少ないです。全体的にはカラッとした天気の日が多く乾燥している気候です。この為、夕刻以降はの時間帯は大幅に気温がさがります。
●ロサンゼルス
アメリカ西海岸に位置する最大の都市。最高気温は約25度、最低気温は約9度、
年間の平均気温は約17度程度になります。
年間を通して温暖な気候で過ごしやすいです。湿度は低く乾燥しているので、実際の温度よりも体感温度は低く感じられます。ロサンゼルスの特徴としましては、気温差が大きく夏でも日没後は羽織るものがあった方が良い状態です。海岸沿いの為、冬場は冷たい海風が吹いたり霜ができたりすることもあります。豪雨は少ないものの雨季もあります。
●サンフランシスコ
アメリカ西海岸に位置する主要都市のひとつ。最高気温は約23度、最低気温は約5度、
年間を通して平均気温は約14度です。
気温的にも、春や秋は暖かく、夏は程々の暑さ、冬は寒すぎず、1年を通じ過ごしやすい気候になっています。雨は少なく降水量は少ない都市です。サンフランシスコは特徴は霧の街と呼ばれる様に、夏場などの朝や夕刻に特に深い霧が頻繁に発生します。その影響で夏場でも寒さを感じることもあります。この為、常に1枚上着をお持ちになる方が望ましいです。逆に秋口の9,10月でもインディアンサマーと呼ばれている暑い日もあります。

★★★西部の内陸★★★
気温の高いエリアでラスベガス、フェニックスが主要都市となります。観光シーズンは冬場で、避暑地であるフェニックスなどでは温かく過ごしやすいのですが、ない陸部に位置しているため日没後は大きく気温が下がります。夏場は暑い日が続き40度を超えてきます。特徴的には空気が乾燥していて、昼夜の寒暖差がある点です。
●ラスベガス
アメリカ合衆国西部のネバダ州南部にある同州最大の都市。最高気温は約40度、最低気温は約3度、
年間を通して平均気温は約26度です。
砂漠の中に出現するラスベガスは年間を通して湿度の平均が20%程度と低く日差しがとても強いです。
砂漠気候の為、夏場の夜は気温は下がりますが、日中の影響でさほど下がった気がしません。そして日中は40度を超える暑さとなります。冬場は氷点下になる事もありしっかりした上着が必要になります。冬場は年に何度か雪も降ります。
夏と冬の間に約1カ月程度、3月の春と10月の秋があります。この春と秋がラスベガスのベスト観光シーズンになります。
2月から3月にかけて雨季もありますが一時的な雨が降る程度です。

★★★ロッキー山脈の東部★★★
主要都市がデンバーのロッキー山脈から東のエリアは、雨の少ない乾燥した大陸性の気候で「グレートプレーンズ」と呼ばれる周辺に山や森が少ない大平原地帯で、カンザス州やオクラホマ州などでは特に4から6月にかけてはトルネードが頻繁に発生します。
●デンバー
アメリカ合衆国西部にあるコロラド州にある最大の都市で州都。最高気温は約40度、最低気温は約-9度、
年間を通して平均気温は約10度です。
グレートプレインズ(Great Plains)に位置し海抜1600メートルの平原にある4つの季節からなる大陸性の準乾燥気候に属する都市で、1日の気温差が非常に大きく、通常一日の平均気温差は15度から20度近くあります。早ければ9月には降ることもあれば4月から6月前半までも、1回2回程度は雪が降ることがあります。通常は10月中旬頃から雪がはじまり、最後の降雪は4月後半頃です。デンバーの気温が最も高くなるのが7月、逆に最も寒くなるのは1月になります。雨が少なく湿度が低いため、気温の上がる夏場でも過ごしやすいです。 年間を通じて日本の同時期とほぼ同じですが、暑さも寒さも日本より厳しいです。

★★★五大湖から北東部★★★
このニューイングランド地方を含む大西洋から五大湖周辺の地域は、内陸に向かうほど冬場は寒く雪も多く降ります。主要都市はシカゴ、ミネアポリスで、年間を通じ昼夜の寒暖差が激しいエリアです。
●シカゴ
アメリカ第3の都市でアメリカ中西部に位置しています。シカゴも四季があります。最高気温は約28度、最低気温は約-11度、
年間を通して平均気温は約9.5度です。主に夏と冬の2つの季節の間に非常に短い春、秋があります。
シカゴの冬はとても寒く強風や大雪に注意が必要です。
夏の7月から8月は天気も安定していまして、基本的に28度を下回っています。
この時期が過ごしやすい観光シーズンになります。

★★★中西部から東部★★★
このエリアでは中西部は内陸に向かうほど乾燥していまして、4月から6月にかけて雷雨、竜巻が発生しやすい地域でもあります。主な都市は、セントルイス、ニューヨークとなります。年間の寒暖差が激しく夏は蒸し暑く冬は寒いのが特徴です。この為、観光シーズンは春と秋になってきます。
●ニューヨーク
アメリカ西海岸中部に位置し四季があります。最高気温は約28度、最低気温は約−4度、
年間の平均気温は約12度です。夏のニューヨークは朝と夕方に激しい雷雨(サンダーストーム)が頻繁に発生します。また、アメリカの他の都市と比べても毎年降雪のあるニューヨークの冬はアメリカの中でも非常に寒く、春と秋は期間が短く、氷雨が降る日も降れば、暑くて湿度の高い日もあります。ニューヨークの観光シーズンは5月や9から10月です。

★★★南東部とフロリダ中・北部★★★
主要都市がアトランタやニューオリンズで四季があり、南部の夏は蒸し暑く最高気温は35℃以上となります。冬場は寒くなります。また、このエリアではハリケーンが夏から秋にかけて上陸します。
●アトランタ
ジョージア州の首都でアメリカ東海岸に位置する南部を代表する都市。最高気温は約32度、最低気温は約1度、
年間の平均気温は約17度です。アトランタ の気候は暖かく温暖に分類され、海抜は約300mにあり大都市圏の中では、デンバー、フェニックスに次いで、3番目に海抜が高い都市です。日本の福岡と同じ緯度にあり、はっきりとした四季があります。
春は過ごしやすく花などの干渉が楽しむことができます。6月夕刻以降は、ほぼ毎日激しい雷雨がありヒョウや竜巻を伴うこともあります。夏場は 非常に気温が高く約32度をこえる日が続く事があります。約38度を超えることもあります。10月頃には気温が下がり紅葉の季節になります。冬場は雪の量は通常多くはないものの、年に数回程度ですが大雪になり公共機関が休みになることがあります。

★★★フロリダ南部★★★
このエリアは雨期が5から10月と長いのですが、冬は暖かく気候が安定してい避寒地にもなっていています。夏は暑く、夏から秋にかけてはハリケーンが接近したり、激しいスコールになったりと気象条件が安定していません。主要都市はマイアミ、キーウエストなど。
●マイアミ
マイアミはフロリダ州最大の都市でアメリカ南端に位置しています。最高気温は約32度、最低気温は約15度、
年間の平均気温は約24度
一年中温暖な気候のマイアミですが、夏は湿度が高く蒸し暑く非常に夕立が多いです。冬は日中20度くらいまで気温が上がるため過ごしやすい気温となっているので、観光に適しています。